不思議活性

アクセスカウンタ

zoom RSS 廃墟と私 1

<<   作成日時 : 2015/01/20 06:17   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

 人生、こうしてこの世に生きているということは、ときにそれは楽しいことではないでしょうか。箸が転んでも可笑しい年頃なんて言葉がありますが、この世に生まれてきた赤ちゃんや幼子の瞳を覗きこむと、それはそれは、世界が笑っていると思われても不思議ではないですね。また、この世に生まれてきたものは、いつかはこの世から消えてなくなってしまうのですから、明滅するそのときどきに、なにか心に感じられればそれでいいのでしょう・・・。

 今はなき想い出ばなしです。ところどころにひびが入った、赤レンガ造りのなんだか雰囲気のある廃墟にみせられたのは、道造が恋人と歩いたという道を歩いていたときでした。道をそれて林のなかに分け入った私は、分厚いコンクリートで固められた要塞のような不思議な建物に出会ったのです。

画像




 今はその廃墟もきれいに片づけられて跡形もないのですが。これから話す物語は、私の平凡な日々に、ちょっとしたときめきをもたらしてくれた今は亡き廃墟と私のお話です。

     一

 私はその廃墟で、ステファニーと出会ったのでした。ステファニーは、一人旅の途中で、ふと、この廃墟に立ち寄ったのです。初めて出会ったステファニーとは不思議に話が弾み、自分を透明にするという不思議なおまじないを教えていただきました。それは、あらゆるものは振動しているのであり、その振動数を高くしていけば肉体の束縛から離れ、透明人間になれるということでした。私とステファニーとの出会いはその一度だけでした。でも透明になる術を身につけた私は、ときどき訪れた廃墟で、透明人間になってみたのです。

 
   「テレパシーな恋心」

ぼくが ステファニーと出会ったのは
赤レンガ造りの小さな廃墟の前だった
ステファニーは 自転車の一人旅の途中
ぼくは 灰色の瞳のステファニーが
なぜか 宇宙からの 訪問者のようにおもえたのです

どこかの国の映画だったか
夢に見た建物が
宇宙への交信基地だったという話があったような

ぼくは プレアデス星団という言葉に なぜか
懐かしいおもいを抱きながら
しばし ステファニーと 話すことなく
テレパシーで交信したのでした

「人間には 生まれかわりがありますが
あなたの星でもそうですか」

「はい わたしの星でもそうです でも
地球人として 生まれかわる人は多くはいません」

「あなたの星でも 愛という言葉はありますか」

「はい でも わたしたちの星では
ハート 心と心の交流を大切にします」

秋の陽が傾くのは早いです
競輪選手のようないでたちのステファニーは

「じゃ 目的地に着いたら 絵ハガキを送るからね」と

ぼくは 小さく 小さくなって行くステファニーの後ろ姿を
見送りながら

「この地球上の どこかで また 会えたらな・・・」

やがて 遠くに見える アルプスの山並の上の
白い雲が マジェンタ色に 染まりました


 ステファニーと別れたその年の冬も、標高千メートルにある廃墟は時々雪に覆われ、私はというと、この廃墟にくると、自然と透明人間になるのでした。

画像



 また長い冬が過ぎ、山桜咲く頃になると、この廃墟を訪れる若者たちの姿をよく見るようになったのです。この時のなかに忘れられた廃墟がなぜか、音楽仲間に気に入られ、若者のロックやビジュアル系バンドのプロモーションビデオ撮影などに利用されたのです・・・。

画像



・ 「テレパシーな恋心」 ですが、詩集「夢の翼」2009年よりの引用です。さて透明人間になった私が見た物語の続きは、また次回です・・・・・・。
      
                                                     
                                                

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

「この地球上の どこかで また 会えたらな・・・」

この言葉に心惹かれました。ふだんは、ほとんど、限られた狭い空間を行ったり来たりの繰り返しですが、よくよく考えてみれば、地球という広い中でいるのだと・・・。そしてそれは、次の可能性という気持ちももたらせてくれるのだと・・・。だめという決めつけない気持ちに自由を感じました。
eri
2015/01/24 23:29
タイトルを正確に覚えていないのですが、「アミ小さな宇宙人」を思い出しました。宇宙からの小さな訪問者のお話です。そういえば、地球に生まれてくる人間の全人口の中、一万人くらいが宇宙人だとか! 何かの本で読んだことがあります。その人たちは精神性が高く食べることに無頓着だそうです。地球の人間を高めるために宇宙から派遣されてくるのだそうですが、わたしもその一人なのではと思ったりしています
 ふーちゃん、マイペースで、サークルとブログ、更新がんばってくださいね。記事を楽しみにしています。
huo
2015/01/25 07:37
eriさん、こんばんは。人生の出会いって、限られていて出会ったこと自体が不思議ですね。私自身の行動半径も限られていて、自分は人との接触が少ないほうかも。でもこうしたネットでの出会いもありなんですね。その出会いが楽しい想い出となれればいいですね。寒い冬の後の春が恋しいです・・・。
ふー
2015/01/25 20:28
hukoさんも、宇宙からの訪問者なんですね。 おもえば、宇宙にはさまざまな星があり、それらの星から地球を眺めている宇宙人には、地球人は遅れているなと思うかも。地球は争いごとが多すぎますね。ささやかなブログですが、応援ありがとうございます。マイペースですね・・・。
ふー
2015/01/25 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
廃墟と私 1 不思議活性/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる