不思議活性

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴッホと私 2

<<   作成日時 : 2014/02/01 17:48   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 1 / コメント 2

  太陽の画家 フィンセント・ファン・ゴッホ
  
 ゴッホは修道僧の魂と画家としての魂、 ふたつの魂を持っていたようです。


画像


  1877年24歳のゴッホは、牧師となるための勉強をはじめたが、まもなく勉強を放棄し、1878年8月ブリュセルの短期牧師養成所へはいり、みずから志願してボリナージュに赴き、ゴッホはまったく自分を犠牲にして奉仕しました。が、それが伝道委員会の気にいらず、1879年7月免職となりました。そうです。ゴッホは、牧師になろうとした修道僧の魂と画家としての魂、そのふたつの思いに生涯動かされていたのでしょう。北方の地ボリナージュで、牧師として極限まで魂を燃やしたかと思うと、南方の地アルルで、画家として極限まで命を燃やしたのでは。
しかし、実際のゴッホは、画家としての人生を生きることによって、一生活者としての幸せから遠く離れ、名づけようのない孤独とともにあったのかも・・・。

  そのような思いのなかでゴッホの初期オランダ時代を代表する傑作『馬鈴薯を食べる人々』の絵を見てみましょう。

「ランプの灯りの下で馬鈴薯を食べる人たちは、皿を取るその同じ手で土を掘ったのだ。つまりこの絵は手仕事というものを語っているのだ。彼等が正直に食を稼ぎ取ったと語っているのだよ」


画像

 

 ゴッホの初期オランダ時代を代表する本作は、多くの習作を素描や油彩で重ねて、1885年32歳の時に完成させたものです。一見して暗い部屋のなかの家族の肖像のようです。画面左の男女は、働き盛りの若夫婦であろう。画面右側では、祖母らしき女に、コーヒーのお代わりを求める祖父だろうか。そして、前景で背中を見せる子どもは若夫婦の娘であろう。少女の頬は、馬鈴薯のあたたかな湯気に包まれているようです。
  薄暗い室内の情景ですが、そこにゴッホは、農民の姿を描くことによって、労働の尊さと家族というものの尊さを表現したのでは。自らあたたかな家庭というものを持つことのなかったゴッホですが・・・。

 そう、ゴッホが絵を描くという行為は、初期のころから、人間存在にたいするあたたかな愛の眼差しだったのではと思う私です。


「色彩への開眼・・・」

ゴッホが
アルルの太陽に
出会うまでに
さまざまな
暗い出来事がありました

ボリナージュでの
伝道者としての苦行
その修道僧としての目が
いつしかあるががままに見る
画家としての目になり

生きることの
生命を描くことだと
ミレーの種まく人を
飽くことなく
模写しました

ハーグでの悲しい
女との出会いと別れ
に ゴッホは
疲れ果て 
肉体も残酷なまでに
衰えさせました

そんな頃の傑作
馬鈴薯を食べる人びとです
その暗い色調のなかに
色彩画家 ゴッホの
スタートがあったのです

アムステルダムでの
ミレーやレンブラントの
絵との出合い
その 互いに響きあい
底知れぬ
明暗のリズムの中から
不思議な生命の鼓動を
伝える 色彩の魔力

やがて
パリやアルルでの
ゴッホの
色彩への開眼です。


・暗い色調のゴッホの絵は、いつしかアルルの風景のように豊穣な色彩になっていくのですが、「じゃがいもを食べる人びと」の絵があるように、激しい北方の気候風土のなか、自然の摂理に従って生きる農民たちの姿を描いたり、自然の鼓動にくいこんだ情感がふかぶかと息づいている「日没」などの絵を描いたゴッホであるがゆえ、色彩画家ゴッホがいっそう輝いてみえるのでしょう。
 まもなく立春です。こちら私のふるさとは、今年は雪が少ないです・・・。春は、もう目の前ですね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴッホと私
 早いもので、風は秋の気配ですが、太陽が顔を出すと暑さにまいってしまいそうです。  私は若かった二十代、ゴッホの生き方とゴッホの絵に心酔していました。燃えるような厚塗りのタッチと鮮やかな色彩に、生きることの生命力を感じました。  でも、耳に包帯した自画像などがあるように、激しいゴッホの生き方に驚きもしました。  私は1888年の、アルルのはね橋、星の夜のカフェ、ひまわりなどの絵が好きです。  37歳の若さで、風のように、この世を去ったことも驚きでした。 ...続きを見る
不思議活性
2014/02/01 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『馬鈴薯を食べる人々』は、色数が少ないですが、穏やかな光を感じさせてくれますね。と同時に、人の体温とか、人の声さえ聞こえてきそうです。生きている絵画を感じさせてくれました。ゴッホの様々な明るい色遣いは、人そのものが原点なのかもしれないと、感じさせてくれるふーちゃんのブログでした。

今年は雪が少なめなのですね。こちらも相変わらず雪は積っていないです。二月を超すと、春が見えてきますネ。立春の言葉を耳にする時期にもなりました。繰り返される季節に喜びを感じる今日この頃です。
eri
2014/02/03 21:33
eriさん、いつもコメントありがとうございます。今って一度しかない人生のなかで、みんな一生懸命生きているんですね。ゴッホの伝記を見ていくと、ゴッホに惹かれます。人の体温とか、人の声さえ聞こえてきそうですというeriさんの声に、なんだかほっとしました。きのうは、豆まきをした自分です・・・。
ふー
2014/02/04 15:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴッホと私 2 不思議活性/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる