不思議活性

アクセスカウンタ

zoom RSS 廃墟と私 最終章

<<   作成日時 : 2015/05/01 12:15   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

 振り返って見ると、みんな幻なのかも知れません。そう思えば、つまずいたこと、しりきれとんぼのような別れ・・・・・、それはそれなんだと。時をかける少女のように、青春の夢に再び出会うことがあるのだろうか・・・・・。

 ふと、ひとりのきみが書いた詩の紹介です。


 「空」

空は何時もそこにある
姿を変えながら
空は永遠にそこにある

たとえば
この空に浮かぶあの雲に乗れば
いつか君の所にたどりつけるの?

夜空にぼんやり浮かぶあの雲に乗れば
あの願い星に手が届くの?

空は
そんな沢山の思いを一瞬駆け巡らせる魔法をかける

遥か遠く高い所にある空は
何時もそこにある

みんなの思いと共に姿を変えながらそこにある


画像





 今は亡き廃墟の上の青空も、遥か彼方へと繋がっています。ブログをはじめてまもなく十年・・・。ときどき、止まったままのブログを見るのは寂しいですが、消えてしまったブログは、強い意志のあらわれでしょうか。解体された廃墟のように、想い出さえいつかは消えてしまうのでしょうか。
 いやいや、人が歩いたという足跡は、巡りくる季節のように、心のなかにいつまでも輝く青春のように、そして今、新しい夢を胸に・・・。

 
 詩集『夢の翼』より。

 「木漏れ日と透明人間」

誰もいない
木漏れ日のなか
ひとつの人影が
足もとのどんぐりを
浮かびあがらせます

ふと 目にとまったのは
あかげら
悠然と どんぐりの幹を
餌を 啄ばみながら
上へ上へと

すると
チィ チィ チィー
サッと 風を切る音が

見あげると 今度は
紅葉した雑木林の
葉から葉影へと
青い痩せた小鳥たちが
飛び交っています

誰もいない やわらかな
木漏れ日のなか
雑木林は 風に揺れ
ぼくは
透明人間になりました


画像



 廃墟と私。想い出はまだまだありますが、ひとまず終わりにしたいと思います。いつか、再び透明人間となって、時空を自由に旅できたらな・・・・・。


画像



・五月となり、周りの景色は生き生きとしてきました。上の写真は、小さな家の庭に咲くヤマブキです。花言葉は、気品・待ちかねる・崇高とありました。人って、いつも何かを待ちかねているのかもしれませんね・・・・・。


「やまぶきのかがやき」

とおい むかしのことです
やまぶきがさいているねと
てがみをもらいました

そのやまぶきが
いえのにわにさいている
ことにきづいたのは
あとのことでした
やまぶきのはなのなまえを
しらなかったわたしです

そんなてがみをくれたきみは
いま どこで なにを
しているのか 
でも やまぶきのはなを
みるたび 
おもいだします

そして まちかねても
やえやまぶきには
みがならないことを
しったばかりですが
まぶしい かがやきです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

早いものでもう五月ですね。こちらの方では、日によっては初夏のような陽ざしに出会うことがあります。

生きていると、さまざまな出会いや別れがあり、時には、心が廃墟のようになってしまいそうになることもありますが、命ある限り、今という時を、ただひたすら貫いてゆきたいですね。時の流れは、常に前進あるのみですね。倒れそうになった時は、お互い修復、助け合いながら、進んでゆけたらいいですね。

日記中の、やまぶきの花のあかるさ!!!とてもすてきですね・・・。

eri
2015/05/03 23:46
eriさん、いつもありがとうございます。コメントいただくと、元気になります。 生きていることの不思議ですが、eriさんの言うように、今という時を、時の流れのなかで、ひとつでも楽しい何かに出会えればいいですね。やまぶきの花ですが、太陽に照らされて輝いて見えました。お互い、穏やかな日々でありますように・・・。
ふーちゃん
2015/05/04 17:11
噛み締めても噛みしめても、時は止まらない。心に刻み込んで、時を越えたい、です。形あるものはみな儚く、せつないです。
ふーちゃんの詩的な物語、「廃墟と私」とても興味深く素敵な世界でした。次の創作、楽しみにしています。
 hukoは、今、C.G.ユングの心理学、読んでいます。心や魂、無意識、夢分析、詩の創作にも影響大です!
 少しご無沙汰してしまいましたが、これからもよろしくです。
huko
2015/05/17 15:40
hukoさん、コメントありがとうございます。形あるものはみな儚く、せつないです。が、こうしてコメントのやりとりが出来るということは、うれしいです。
ユングですが、個人の考えを越えた、人類に共通する無意識という集合的無意識を教えてくれましたが、その集合的無意識は詩のインスピレーションの宝庫なのかも・・・。
hukoさん、こちらこそ、創作仲間として、これからもよろしくです。
ふーちゃん
2015/05/17 19:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
廃墟と私 最終章 不思議活性/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる